OYABAKA|ママがイキイキ笑顔になるSNSアプリ

OYABAKA事務局[公式]
5月18日

【インフルエンザ流行MAP配信vol21】

先週に比べてまた収束が進んでいます。23区外は完全に収束状態に落ち着きました。
23区内はまだ黄色いレベルにとどまっている地域もあるので、
あと少し予防を心掛けましょう!

■(流行レベル:黄色(定点あたり患者数≧1.0)
杉並区、港区、荒川区、中野区、目黒区、世田谷区、板橋区

#インフルエンザ

10件のいいね

1

注目の投稿!

  • アプリをAppStoreからダウンロード
  • アプリをGooglePlayからダウンロード
    アンドロイド版 リリースしました!

子育ての楽しさも!大変さも!
我が子の写真や動画を通じて、ママ同士がつながり "子育ての日常をシェアしあう" SNSアプリです。

OYABAKAってなに?
特徴

産後の辛いあれこれ
OYABAKAを使う理由

産後寝れないの図
産後ってみんなこんなに寝れないの!?
産後の授乳期間中の平均睡眠時間は3~5時間がなんと43.9%
子どもって本当に思うように寝てくれないものですよね。 「夜泣きがこんなに辛いなんて聞いてない!」って思わず叫びたくなるのもこの時期。
旦那さんは隣でスヤスヤ寝ていて、正直うらやましいな... 深夜の薄暗い中で授乳していて... なんか孤独だ(涙)産後の夜泣きもあって辛いなど、同じ悩みを持つママたちと一緒に過ごしてみませんか。
参照元:プレママタウン 「みんなのねんねの悩み」
産後引きこもりの図
あれ、今日も引きこもり?
今日は誰とも話していないな、、、そういえば(夕方の時点で気づく)
子どももまだまだ話せないし、なんだか自分だけ時が止まって社会から取り残された感じがする・・・)
そんな引きこもったような状態が続くのって辛いですよね。) 実は子育てを通じた繋がりがない人のおよそ42%は「子育てが辛い」と感じる傾向にあって、その割合は繋がりがある人に比べておよそ15%も高いんです!)
他のママ達も同じように感じて悩んでいます。当たり前に起る子育ての辛さも、楽しさも分かち合える場所をOYABAKAで作っています。
参照元:ベネッセ教育総合研究所「産前産後の生活とサポートに関する調査」
子育てはsnsが頼りの図
とりあえずSNS?
・子ども 寝かしかた
・夜泣き 辛い
・産後 寝れない
授乳中、寝かしつけ中、とりあえずSNSやネットを使って情報収集をしていませんか?
実母の次に「情報収集として最も頼りになるもの」としてSNSなどのインターネットが上がっています。 みんな子育てどうしてるんだろう? こういう症状って当たり前に起るの?
OYABAKAでは同じ月齢の子どもを持つママと自動でつながる仕組みを作りました。(0歳〜2歳は月齢で、それ以降は年齢で繋がります) 毎日他のママの投稿から、学んだり学びあったり「今」の子育て情報を知ることができます。
参照元:明治安田生活福祉研究所「20~40 代の出産と子育て 」

ママの声
OYABAKAを使っているママからのご意見

tomotomoさんの写真
voice1 (tomotomoさん・8歳1ヶ月の女の子 / 4歳9ヶ月の男の子)
【OYABAKAでSNSデビュー。 日々の忙しさの中で和みの時間に】
今までSNSは使ったことがなかったのですが、思った以上に楽しくてハマりました。
OYABAKAを使い始めてから、家族でお出かけした時などに写真を意識して撮り投稿し、そのイベントや楽しかった思い出を1回で終わらせないようになりました。
子育てをしていると日々ストレスがたまることもありますが、この思い出を振り返ることで和み、日々の忙しさの中でほっこりした気分になることができました。
MAKOさんの写真
voice2 (MAKOさん・1歳5ヶ月の女の子)
【近い境遇のママとつながり、自然に学び合っています】
初めての子育てなので気になること、不安なことは毎日でてきます。
でも誰かに直接連絡をして聞くほどでもない、というそんな時にOYABAKAの「共感」機能を使っています。
つぶやくことによって専門家ではない、同じ月齢で子育てをしているママがどう考えているかの視点がもらえたり、誰かに共感してもらえることで不安を解消することができました。
haruママさんの写真
voice3 (haruママさん・1歳5ヶ月の女の子)
【等身大の子育てを投稿できた】
他のSNSでも子供の投稿をしていますが、色々な状況の人が見ているのでネガティブにならないように、など投稿の内容や頻度に気を遣っています。
でもOYABAKAは気兼ねなく、我が子の可愛いやネガティブな辛いや助けても気軽に投稿できました。
ユーザーみんながママで、そういう感情に理解ある人が使うSNSだから素直に弱音も吐けたのだと思います。

OYABAKAの使い方!
こんな使い方ができます!

メッセージ
OYABAKAのミッション

OYABAKAは、「ママが安心できる拠り所をつくる」ことを使命に活動しています。
現代は、昔のように子育てを共有したり想いを共感しあえる場が少なくなっています。
子育ては楽しいことも、大変なこともあって当たり前!
OYABAKAは子育ての想いを共有・共感できる場をつくります。
良き理解者に囲まれて、ママ達がイキイキし、笑顔になれるサービスを展開していきます。

OYABAKAからのお願い

こんにちは。OYABAKAのアプリを作っている渋谷と申します。
2018年の春にiPhone版をリリースし秋にAndroid版をリリースしました。
日々沢山のママ達に投稿してもらうようになって本当に感謝しています。

娘の出産を機に、子育てに奮闘しているママ達と日常を共有・共感できる場所の必要性を感じてアプリを作リ始めました。 子育ての大変な想いも、嬉しい思い出もどんな状況も投稿できて他のママ達とも一緒に見守り育てていける、そんな場所です。

子育ては絶対一人でしちゃいけない。近代化で核家族化でこんなことになってしまっている現代の子育ての現状をアプリで打破したい。そして逆説的ですがOYABAKAという名前は、OYABAKAになれるママが増えるようにという想いが込められています。 「自分の子供最高にかわいいでしょ」って言える精神状態に、そのようなママが増えるようにと。

アプリの開発は、平日別のお仕事をしながら作っています。 不具合が発生していたり、沢山改善したい部分もありますが多少お時間がかかってしまう旨、どうかどうかご了承ください。

これから改善していく一例は
・直接メッセージできる機能
・投稿を「自分だけ」「ママ友だけ」「全員」など限定した人にできる機能
・トピック毎にグループで話せる機能
・Android版の画面が落ちたり反応が遅い部分

ママ同士でより共感できる、あたたかい輪を広げていける機能をつけていきます。
**もしこれを読んでくださっているパパママで、アプリの改善を手伝える!って方がいたらご連絡いただけると泣いて喜びます!!ご一報ください!!

また、どうにもならない不具合や、これ変?な箇所がありましたらこちらまでご連絡いただけると有難いです。
機種やバージョンによって事務局が気づいていない不具合箇所もあります。

■メール
hello@oyabaka.club

ちょっと使いづらい部分もありますが、気長に使いこなしてくださっている皆さんには本当に「ありがとうございます!」の一言に尽きます。これからもお付き合いどうぞよろしくお願いいたします。

渋谷 明子

アプリをAppStoreからダウンロード
アプリをGooglePlayからダウンロード
お待たせしました!
Androidもリリースしました!