【Life-ライフ】絵本ってこんなに楽しい♪

絵本紹介

絵本は親と子の愛着形成=心の絆を作る最強のツールです。
今日からでも愛着の形成・回復に!
季節に合わせて今読みたい絵本をご紹介していきます!

絵本「Life-ライフ」にまつわる、できごと

まだ息子が0歳くらいの頃、この絵本を買いました。

赤ちゃん絵本ではないけれど、優しい色使いの絵とストーリーに、
本屋さんで涙があふれそうになる、大人の為の絵本に感じました。


昔♪チャーミーグリーンを使うと手をつなぎたくなーる♪♪
ってCMがあったように、目指すはあんなおじいちゃん、おばあちゃんになりたいなと


子供ながらに思っていたのを覚えています。
そんな事をふと思い出させてくれる名作です。
チャーミーグリーンのCMもまた、名作です。


私の両親は物心ついときから、ケンカが絶えなくて、食器の割れる音や、母の泣き声、私の6歳までの家の記憶はなぜか白黒の映画のように色が付いていないんです。


保育園の記憶はカラーなんですが、不思議ですよね。


千羽鶴を織って離婚をしないようにと願っていたのを覚えています。
そんな私にとっては、絵本の中のおじいちゃん、おばあちゃんは私の憧れの夫婦像でもあり、こんな夫婦になりたいと素直に思えます。


人には、愛を与える事を惜しみなくできる人もいれば、
愛をいくらもらっても心を満たす事ができない人がいると聞いたことがありました。


愛を与える側でいたいなと、そう思っています。


時々、お友達とお茶をするときに、私は絵本を読んだりします。
そう、大人に。


この絵本は90%泣きます。号泣する友人までいたくらい。


絵本からあふれる作者、くすのき しげのりさんの愛情を多くの人に感じてもらいたい。


そして、静かな涙で、抱えている重み、疲れを癒す1冊になりますように。

Amazonで詳細をみる

絵本の情報

  • 作:くすのき しげのり
  • 絵:松本 春野
  • 出版社:瑞雲舎
  • 発売日:2015年2月27日
  • ページ数:32ページ
  • 対象年齢(おおよそ):4歳〜・大人にもオススメです!

絵本「Life-ライフ」あらすじ

小さな町のはずれにある、Lifeという変わったお店があります。
お店といっても、品物はおいてありますが、
店員さんがいるわけでも、お金を支払うわけでもありません。


このお店に来るお客さんは、誰かに使ってもらいたいものを
メッセージカードを添えて、置いていき、欲しいものを持って帰るのです。


冷たい風の吹く日、おばあさんがLifeにやってきます。
生前におじいさんが用意していた、春に咲く花の種が入っている小さな袋を棚に並べました。


おばあさんは、一人ぼっちになってしまい、花を育てる気持ちになれずにいます。
Lifeに一緒に来ていた時の事を思い出すと、また、さみしさがこみ上げてきます。


Lifeに訪れたいろいろなお客さんが、
おばあさんが置いていった種の袋を、次々に持って帰ります。


そして、月日が流れ、春になりました。
おばあさんはまだ悲しみにくれたままでした。


次は夏に咲く花の種を持ってLifeに来ました。


扉を開けると、おばあさんは息をのみます。
そこにはおじいさんが作ったお花畑にいるような光景が。


種を持って帰った人が、植木鉢に咲いた花を1鉢、2鉢と持ってきていたのです。
おばあさんの心に、しだいにあたたかな風がふいてきました。


人との繋がりが薄れつつあるこの時代に、顔も知らない誰かを想い、
励ますことのできる喜びを感じる絵本。


敬老の日の前に、あなたの心のこもった贈りもので、


あなたは誰にあたたかな風をプレゼントしますか?

絵本の情報「Life-ライフ」

 written by 當間くみこ
妊娠中に早期教育の環境作りに悩み、心が育つIQ絵本講座に出会う。
目からウロコの感動、絵本を軸に子育てできるママになると決め即行動
【主な活動先】
・絵本メンタリング協会EQ認定講師®︎當間くみこ
・講座紹介 https://peraichi.com/landing_pages/view/ehondego93

人気記事 【着せすぎ注意】新生児・乳児さん 冬の寝る時の服装どうしていますか?

人気記事 【一番大事・愛着ってなに?】愛着が育つために必要なこと