【ようちえんいやや】絵本ってこんなに楽しい♪

絵本紹介

絵本は親と子の愛着形成=心の絆を作る最強のツールです。
今日からでも愛着の形成・回復に!
季節に合わせて今読みたい絵本をご紹介していきます!

絵本「ようちえんいやや」にまつわる、できごと

そろそろ、幼稚園の準備をしなきゃ!!
と焦りだしているママも多いのではないでしょうか?


最近、私は発見した事があります。
上履きの袋、お弁当の袋、お昼寝セット等々、ママの手作りに見立てた幼稚園セットがネットでオーダーできるんです。


みなさんは知っていましたか?


でも残念ながら息子の通う園では、いろいろと指定のサイズが細かく、
やっぱりミシンを出して自分で手作りしなきゃいけないのね、、と。


そろそろ取り掛からなきゃと思う反面、なかなか重い腰をあげられずにいる今日この頃です。


親が着々と保育園や幼稚園、はたまた小学校の入園・入学に備えている側で、
「行きたくない~」と泣いている子はいませんか?


職場復帰や、やっと入れた園だから、お願いだから行ってくれ。
と思ったり、後ろ髪を引かれるとはこのことか...。


毎朝泣きじゃくる我が子を預けていくことを、不安におもっているママも多いのでは?


「ママはお仕事終わったら迎えに来るからね。」
「お友達いっぱいいるよ、楽しいよ。」
などと、バリエーション豊富に声をかけるであろうことも想像もできますね。


そんな時にこの絵本『ようちえんいやや』


ああ、愛する我が子はこんな事がいやなんだ。
こんな気持ちなんだぁ、そういえば自分が幼稚園の頃同じ思いをしてたなぁ、と読んで思い出すママもいるのでは?


そして、いやな理由は子供たちそれぞれ違っても、


たった1つだけみんなが同じ気持ちなのは...ただ、ママと一緒にいたい!!それだけ。


それを知った私は「ママも大好きチュ♡」と毎朝の親バカっぷりを園の玄関でする事でしょう。

Amazonで詳細をみる

絵本の情報

  • 作・絵:長谷川 義史
  • 出版社:童心社
  • 発売日:2012年02月2日
  • ページ数:32ページ
  • 対象年齢(おおよそ):3・4歳〜、小学生

絵本「ようちえんいやや」あらすじ

泣いている男の子の表紙から始まります。

中表紙もいっぱいの子供たちの泣き顔。


なんでいやなのかは、
園長先生に挨拶するのがいやや、
いちごが好きなのに、もも組だからいやや、


朝起きたてで、布団の中ですでに泣いている子も...。
お友達も、トイレの中で、朝ごはん食べながら、園の玄関まで様々な場所で泣いている。


町中のこども達みんなが泣いている、幼稚園にいくのいやや~


お母ちゃんにしがみついて、いやや~


そして最後は、ただおかあちゃんと一日一緒にいたいだけなんやー


そうだね、そうなんだよね。一日一緒にいたい。
それだけが子供たちの切なる願い。


でも、あれれ?みんな最後の中表紙では笑顔になっています。


いやや~ってなっても、なんだかんだ言って時間が経つと
お友達と仲良く夢中になって遊んでいたりしますよね。


お迎えの時には、もう朝泣いていた事なんて忘れちゃってる。
そこがまた、一瞬一瞬を全力で生きている!


子供らしく可愛らしく、なんだか大人の私達も、見習わなくっちゃ!!
って思えるところですね。


これから入園・入学を控えているママさんは心して(笑)


もう通っている子のママさんは、あの頃を思い出しながら読んであげてください。

絵本の情報「ようちえんいやや」

 written by 當間くみこ
妊娠中に早期教育の環境作りに悩み、心が育つIQ絵本講座に出会う。
目からウロコの感動、絵本を軸に子育てできるママになると決め即行動
【主な活動先】
・絵本メンタリング協会EQ認定講師®︎當間くみこ
・講座紹介 https://peraichi.com/landing_pages/view/ehondego93

人気記事 【着せすぎ注意】新生児・乳児さん 冬の寝る時の服装どうしていますか?

人気記事 【一番大事・愛着ってなに?】愛着が育つために必要なこと