【着せすぎ注意】新生児・乳児さん 冬の寝る時の服装どうしていますか?

子育てアイディア

12月に入ってから、コミュニティメンバーやOYABAKAアプリメンバーからも、冬の赤ちゃんの服装をどうしたらいいか、、悩みます。という相談を受けるようになりました。

質問:最近夜に何度も起きるようになったので、気になっています。
質問:部屋が寒いからでしょうか?
質問:暖房はつけたほうがいいですか?

このような質問に、保健師さんに答えてもらいました。

ラジオでも公開しています

音声で学びたい方は、上記stand.fmからどうぞ。聞き流せます。

部屋の温度と湿度は?

冬でも部屋の温度は20度前後に保った方が、赤ちゃんにとって快適です。
夜、お布団をかけて寝る時は、布団の暖かさが加わるので室温は15-20度くらいでも良いです。

厚生労働省のガイドラインでも、冬の室温は20-23度を推奨しています。
保育室環境のめやすより

また、湿度も40-60%を保つようにしてください。冬場はエアコンの暖房を付けるとかなり乾燥します。

湿度を保つのにお勧めは、タオルなどの部屋干し。
タオルで「湿度」を調整することです。タオルが落ちても、赤ちゃんにかぶらない場所に干してください。

加湿器も、きちんと掃除をするなら使っても良いでしょう。
こまめに掃除をしないと、カビを空中に撒き散らすことになるので逆効果になります。

たまに、室温は低いまま厚着をさせている方がいますが、その方法はあまりお勧めできません。

赤ちゃんに長時間厚着をさせたくない理由(特に就寝時は)

冬に一番気をつけたいのが、就寝時の「着せすぎ!」です。

・最近よく夜中に目覚めて泣く

室温と湿度を上記に保っている場合、夜中に何度も目覚めて起きるようになったのは

あつい

脱水

を疑ってみてください。

赤ちゃんは、大人よりも熱がぐーっとこもりやすいです。

うちの娘も、ちょっとでも厚着をすると38度の熱を出し(でも元気)ということが度々でした。熱がこもっていたんですね。

そして、熱がこもった時に本当に怖いのが「脱水」です。

これは SIDS(乳幼児突然死症候群)の誘因にもなります

着せすぎや布団のかけすぎに注意しましょう!

SIDS着せすぎに関する記事参考

部屋は20度前後、少し薄着をこころがけましょう!

冬の室温20度だと、大人にはちょっとだけ寒く感じます。

でも、そのくらいの室温が赤ちゃんにはちょうどいい。

そして部屋をあたたかく保ち、逆に服装は少し薄着を心がけてください。

就寝時は、暖房がついた部屋で全身すっぽりくるむフリースなどを着せてしまうと暑くなり、熱がこもってしまいます。

厚手の木綿など(汗を吸収しやすい)ロンパースやパジャマに、スリーパーや腹巻がおすすめです!

保健師さんよりアドバイス:
体があたたかければ、手足が少し冷たいのは気にしすぎないで大丈夫です

最近寝つきが良くない、
就寝時にかなり汗をかく

そんな赤ちゃんには、ぜひためしてみてください。

参考になりましたら、嬉しいですσ(´∀`)

↓コミュニティーで行われる「専門家」さんを呼んでの座談会はこちらから


人気記事 【着せすぎ注意】新生児・乳児さん 冬の寝る時の服装どうしていますか?

人気記事 【一番大事・愛着ってなに?】愛着が育つために必要なこと